2009年08月23日

スピリチュアルは日常/スピリットとの合一

駅まではいつも自転車で通勤する。

いつも通り、自転車を運転しながらスピリットにお早うの声をかける。

「ドーヌお早う、今日もよろしく」
「今日のシンボルは何か教えてね」

信号を渡り、まっすぐ行こうとしたら、

今日は横から車が急に入ってきた。

何だと思いながら車を見たら、

進々堂のパン屋の車だった。

この車の入り込み方は、

何かメッセージの様な感があった。

会社に着き、夕方時間が空いたので、

近くの進々堂に行ってみた。

何のメッセージがあるのだろう!!

店内を見渡した。

そしたら目に入ってきたのが、

“沖縄産黒糖ラスク”であった。

そういえば先日、

みんなでラスクでも創るかと言っていたところだった。

しかも先日業者さんが沖縄の黒糖を使って何か商品開発できないですか?

自由化になり、JAからではなく沖縄業者から直仕入できるようになった

しかも沖縄産と謳える

与那国産黒糖もありますよ。

などとそんな話があったところだった。

シンクロしていた。

そういえば与那国は懐かしいな。

黒糖で儲けて与那国島をメディテーションリゾート島/レムリアンパラダイスに開発して

海底ホテル&アミューズメントでも創ろうかな。

しかも海底遺跡と一体型の。


黒糖は色んな産地が混ざっているので産地を謳えないケースが多いみたいだ。

沖縄産黒糖ラスク、これが今日のメッセージなのかな。

とりあえず買って会社に帰った。

さっそく会社の皆とラスクを食べてみた。

けっこういけますね、止まらないね。

とみんな満足していた。

ラスクを買って来た経緯を、

みんなに今日の一連の出来事を説明した。



会社では私がスピリチュアル視点で行動を行っていることを

みんなが理解しているので、説明しても何の違和感が無い。

しかもみんなはその行動を信じている感がある。

最近、皆はこれどんな意味ですか?などと聞いてくる。

夢についてとか。

同じことを繰り返している人には、

見えない世界は何を言っているのか説明している。

相手はストレートに言われているので、

知らない振り、解らない振りをしているが、

最近は素直に私の言うことを受容している様子である。

実はこれは自分に言い聞かせているのだけれども。

受容する、いったん受け止める。


いつも解りやすいメッセージならば良いのだけれど。

最近は探究日記をつけることにしている。

自分の感情の動きを書きだして忘れないようにしている。

同じことを繰り返さないように。

とにかく実践が大事なのだけれど。


与那国での体験 バッド(下向き矢印)

http://shuchan.seesaa.net/archives/200803-1.html

posted by shu at 18:37| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。