2008年07月27日

変化した自分

自己探究を今年の3月から初めて今までの間、自分がどのように変化したのか考えて観た。
与那国の体験も大きかったが、

日常においてパートナーとのやり取りが
一番変化の速度を速めていると思う。

鏡の法則である。


●日常の出来事を自分ごととして捉え、自分を知ることに繋がることを知った。
  ▲過去の自分:人ごとであり、人のせいにしていた。

●元々持っている、素直な自分に戻って来たのを感じている。
  ▲素直に聞き入れなかった。

●思っていることを素直に言い出すことが出来る様になった。
  ▲恥ずかしいとか、めんどくさいとかで言わないでいた。

●比較をしなくなった、価値のある自分を認めるようになった。
  ▲他人との比較をしていた。

●目の前に現れることは、自分の学び事として受け入れるようになった。
  ▲目の前の出来事は自分の学びごとだと思ってもいなかった。

●子供の面倒を見れるようになった。
  ▲泣かれるのが嫌だった、どうすれば良いのかわからなかった。

●思い込みが無くなった。
  ▲自分のマイルールで行動していた。

●霊的な視点がわかる様になり周り人にも伝えていくようになった。
  ▲意味が全くといってわからなかった。

●あるがままの自分を認めるようになった。
  ▲できない自分を自分で責めていた。

●まずは人の話を聴くことが出来る様になった。
  ▲まず自分の話をしていた。人のことはあまり聴いていなかった。

●まずは考えずに動くことが出来る様になった。
  ▲形にこだわり、動が遅かった。

まだまだあるがこの辺で。

自己探究が自分を美しくする。

自分を愛の視点でみる観察することが、
受容することにつながる。

受容することは拡大に繋がる。
自分の中に愛がよみがえり、
何事にも動揺せずに受容することになる。

受容=聴く=耳を傾ける=エッセンスを生かすことになる。
エッセンスは成長するため滋養物。
出来事や言葉は滋養物。

実践あるのみ。

〜ラブスピ流自己探究を学ぶ〜


posted by shu at 16:01| 京都 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

仕事中毒を手放す

お出かけレッスンが合った。
19日深夜出発した、場所は天橋立方面。
出かける前に具現が現れた。

まずレンタした車がバッテリー切れしていた。
おそらく止めた際にライトを消し忘れたのが原因と思われる。

JAFを呼んだが時間がかかることだったので、
ブースターケーブルを借りに近くのガソリンスタンドまで行った。

車に戻って来てバッテリー充電を行うつもりだったが、
その車のカギを落としてしまったのだった。

どこで落としたのか解らずゆっくりと自転車で戻って探してみた
ガソリンスタンドで落としていた。

これらの状況をリーディングしてみることにした。
どうも今の仕事との関係性がある様だ。

余計なエナジーを使っているようだ。


posted by shu at 22:00| 京都 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。